広島県三次市のふるさと納税の特徴

広島県三次市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

広島県三次市はどんな地域?

広島県の北部に位置する三次市は、北部地域の中心都市として知られています。2004年に周辺の6町村と合併し、2005年に新たに庄原市ができるまでは県内のみならず、中国地方で最大の市となっていました。主な産業は工業と農業で、沿岸部からは離れているため漁業はほとんど栄えていません。現在では鵜飼や鯉漁などごく一部の漁業が観光業の一環として残っている程度で、本格的な漁業はあまり見られません。2010年時点での人口は約56,000人ほどで、数多くの学校あや商業施設があるためふるさと納税も人気を集めています。歴史的な神社仏閣やワイナリー、景勝地にレジャー施設など様々な観光スポットがあり、観光地としても栄えているので様々なタイプの特産品をもらうことができます。

広島県三次市のふるさと納税お礼品

三次市は広島県内でも大きな市であり、農業や観光業を中心として数多くの特産品を有しています。ふるさと納税を行うと、10,000円以上の寄附につき1件のお礼品を受け取ることができます。具体的なお礼品としては、三好ワイナリーで作られているワインセットやフルーツ、スイーツに三次市で飼育されている豚肉や牛肉など、地元産の食べ物が人気を集めています。他にも養蜂場直送のハチミツや特許製法で育てられた地元米、市内の温泉宿宿泊券などバラエティ豊かな品が揃っています。また、地元出身で文化勲章を受章した経験のある有名画家の彩版画なども各種選ぶことができ、文化方面に造詣の深い人でも満足できる内容となっています。普通の特産品とは違ったものが良いという場合も、数多くの種類があるのでおすすめです。

ふるさと納税の寄附金はどう使われる?

ふるさと納税の寄附金は、多くの自治体でその用途を指定することができます。三次市でも同じように寄附金の用途を指定することができ、あらかじめ三次市がいくつか決めている事業の中から好きなものを選びます。具体的には、保育環境の整備や教育の充実など子育てに関する事業やスポーツ、文化振興事業などが挙げられます。このほか、農業振興や観光資源の発展、他地域との交流に関する事業や過疎化対策など地域コミュニティの充実化に関する事業なども選ぶことができます。どれもピンとこない場合は絶対に選ぶ必要はなく、市長が必要と認めた事業に使ってもらうこともできます。いずれの場合もきちんと自分が選んだ用途に使われるため、好みやポリシーなどに応じて自由に決めるようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう