備前市にふるさと納税をするメリット

岡山県備前市のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

里山と里海、風景も食べ物も楽しめる備前市

備前市は、岡山県の南東部に位置し、山にも海にも恵まれたところです。2005年に備前市・日生町・吉永町が合併して、新しい備前市が生まれました。旧備前市は、古くから焼き物の町として知られています。「備前焼」は釉薬をかけない独特の味わいがあり、ファンも多い焼き物です。また、日本最初の庶民の学校である「閑谷学校」は、今も当時の姿のまま現存しており、美しく彩られる楷の木が印象的です。日生町は、本土と瀬戸内海に浮かぶ大小十数個の日生諸島から成り立っている海と山に抱かれた町です。古くから漁業と海運業で栄えたこの町の自慢は、新鮮な魚介類が豊富にとれることです。五味の市が開かれたり、魚釣りやミカン狩りなどができ、観光地としても人気があります。吉永町は、自然あふれるところで、標高400mにある八塔寺ふるさと村は宿泊施設や農園などが併設されており、様々な体験を楽しめます。

備前市の特産物とはどんなもの?

伊部の町を訪れると、煉瓦の煙突がぽつぽつと目に留まります。一千年の前から続く備前焼は、素朴な土のぬくもりが感じられます。人間国宝の作品をはじめ、若手作家の手によるものや気楽に使える実用的なものまで様々な作品があります。備前焼のコーヒーカップやビールカップなどで味わう飲み物は格別です。備前焼祭りは、お目当ての作品を手に入れようと岡山県内外から毎年多くの人が訪れます。また、日生では新鮮な魚介類が豊富にとれます。特に、日生の牡蠣は、豊かな自然環境のおかげで、通常は2~3年出荷にかかるところ、一年で出荷できるまでに育ちます。一年物の牡蠣は、柔らかで甘みがあり、加熱しても縮むことがなく、本当に美味です。この牡蠣を使ったお好み焼き「カキオコ」は有名で、一度食べると忘れられません。また、焼穴子や干しエビなども有名で、お酒やご飯のおともに最高です。

備前市にふるさと納税すると?

岡山県の中でも特に温暖で山と海に恵まれている備前市ですから、農産物や日生の魚介類、備前焼などが自慢です。ふるさと納税で1万円以上の寄附をした方には、金額に応じて、自慢の品が用意されています。例えば、海産物なら、この時期からは日生産のクリーミーで大きな牡蠣、特製のたれをつけて炭火で焼いた焼穴子、干しエビ、ママカリの詰め合わせなどです。備前焼でいえば、1万円のふるさと納税なら大小の焼酎ペアカップ、3万円ならコーヒー椀皿ペア、5万円なら徳利と猪口です。面白いところでは、大鵬薬品工業の工場が備前市にあり、そこで作られているチオビタドリンクのセットがふるさと納税の特典にあります。備前産のお米やみかんなどの農水産物の他、八塔寺ふるさと村コテージ宿泊券など、実際に訪れて楽しめるものもあります。岡山県のHPやふるさと納税のサイトで詳しくご覧になってみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう