早島町のふるさと納税で貰える豪華謝礼品

岡山県早島町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

早島町のふるさと納税の使い道

早島町は岡山県の中央部に位置しており、人口約1万3000人が暮らしている市町村です。県庁所在地の岡山市と商業都市の倉敷市に挟まれていて、ベッドタウンとして住む人が多く人口は増加傾向にあります。熊本県八代市と姉妹都市提携していましたが、2006年に提携を諸事情により解消しています。岡山県早島町は夢と希望に満ちたまちづくりをするため、2008年からふるさと納税制度を導入しています。導入開始後の2013年までは、1年間あたりのお問い合わせが1件や2件でしたが、2015年度は39件のふるさと納税申し込みがありました。ふるさと納税の寄付金が約170万円集まっています。これらは、都市基盤や街の環境と景観保全などの事業で必要になる財源として、岡山県早島町が有効活用します。

通常だと買えない物まで貰える品

岡山県早島町以外の方が条件ですが、ふるさと納税で7000円以上寄付した方は町から感謝の気持ちとして、早島町の農作物などの名産品や工芸品が貰えます。7000円以上から貰える謝礼品は、早島町返礼米と冬ぶどうといった農作物や園芸作業向け足袋、各種工芸品です。返礼米は、ふるさと納税で寄付をした方限定で貰える最高品質のお米で、ひとつひとつ大きい粒で甘いのが特長です。冬ぶどうは、岡山県早島町で栽培方法が確立された紫苑という品種のぶどうです。園芸向け足袋は冬場の朝露が染み込まないよう改良されており、クッション性があり長時間履いていても疲れにくい構造となっています。各種工芸品は、手織り技術保存会に所属している方々が手作りしたイ草カゴや民芸品セットが貰えます。

日常生活で使える嬉しい謝礼品

ふるさと納税で1万3000円以上の寄付に応じた方には、滑り止め付き風呂マットや安全スニーカー、岡山県早島町だけで使える商品券が貰えます。滑り止め付き風呂マットは、素材がゴムでできているため滑りにくくなっています。製造及び販売を行っているのは、地元の町にあるゴムを扱う会社です。安全スニーカーは日曜大工をする方向けに特別な改良が施されていて、つま先に重量のある工具が落下しても安心なように樹脂先芯が入っています。このスニーカー紐ではなく、三本線のマジックテープを採用しているので、紐が解けて転倒する心配がありません。最後に岡山県早島町で使える商品券は、主に食料品店と飲食店で使えます。2015年以降、商品券の転売目的で寄付する人が増加しています。転売行為によって売買された商品券は、無効になるので注意しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう