自然を生かした町づくりを目指す奈義町のふるさと納税

岡山県奈義町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

滞在型の農村リゾートが楽しめる奈義町

奈義町は、岡山県の東北部に位置し、四季折々の美しい自然に恵まれた町です。このかけがえのない資源を大切にし、滞在型の農村リゾートとして、大自然のもと、農業体験などの四季を通じた様々な体験ができます。中国山地の秀峰である那岐山は、四季折々の美しい姿を見せてくれ、多くの登山者が訪れます。那岐山中腹にある菩提寺の大イチョウは、900年の悠久の時を超えて、静かにそびえたっている岡山県を代表する巨樹です。また、奈義町現代美術館があり、江戸時代後期から受け継がれてきた農村歌舞伎である横仙歌舞伎の保存伝承活動に力を入れている文化の町でもあります。また、町の恵まれた自然を体験することのできる那岐山麓山の家は、農業体験や手作り体験が行える研修室やコテージが併設されています。奈義町は、かけがえのない自然という資源を生かしながら、地域づくりをしている町なのです。

自然豊かな奈義町の特産品

奈義町では、気候や土壌に適した作物づくりや加工品が作られています。火山灰土を含む土壌があり、通気性や排水性がよいため、粘り気が強くいおいしい里芋が採れます。大粒で味の良い黒豆「作州黒」は、黒大豆枝豆や黒豆の加工品とあわせて人気があります。また、奈義町は岡山県でも有数の黒豚の産地です。ほぼ100%が町内で飼育されている「おかやま黒豚」は厳しく制限した飼育方法をとっており、繊維が細く柔らかく、脂質はさっぱりしていながら甘みがある大変おいしい豚肉です。「なぎビーフ」と呼ばれる町内で生産されている黒毛和牛や交雑種の2級等以上の牛肉は、ゆったりと健康に育てられ、その品質が高く評価されている美味しい牛肉です。また、自然の恵みを生かした木工クラフトや組木などは、独特のぬくもりがあり人気があります。

奈義町のふるさと納税の美味しい返礼品

奈義町では、ふるさと納税のお礼として、金額に応じて返礼品が用意されています。ふるさと納税の寄付金額が一万円未満の場合は、感謝の気持ちを込めたお礼状です。ふるさと納税の寄付金額が1万円以上3万円未満には、数種類の品物が用意されています。たとえば、全国で高く評価されているなぎビーフの肩ロースとバラスライスのセットや焼き肉セットがあります。那岐山を水源とする水と、菜の花を緑肥といて使用した土で、低農薬、低化学肥料で一生懸命育てられたお米「那岐山麓菜の花米」やぬくもりのある組木細工や木工品なども用意されています。ふるさと納税の寄付金が3万円以上10万円未満の場合は、なぎビーフか1万円以上3万円未満のものからの選択です。菜の花米など数量が限定されているものもありますので、奈義町のHPやふるさと納税の検索サイトで確認してみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう