農業に力を入れる勝央町のふるさと納税の特典

岡山県勝央町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

勝央町は金太郎ゆかりの町

勝央町は、岡山県の北東部に位置し、中国山脈の主峰那岐山の南にあり、北は緩やかに傾斜する丘陵がある自然豊かな町です。勝央町は、金太郎こと坂田金時終焉の地と伝えられており、毎年10月に町最大のイベントとして「金時祭」を開催しています。また、全国有数の黒大豆や、梨や葡萄など果物栽培をはじめとする農業が盛んなところです。岡山県北を代表する体験交流型農業公園「おかやまファーマーズ・マーケットノースビレッジ」があり、農林業の振興と地域の活性化を図るために、都市と農村、生産者と消費者が交流し、豊かな自然の中で理解しあう場として設けられました。園内では、ブルーベリー狩りや芋掘り、ブドウ狩りができるほか野菜収穫体験や加工体験、クラフト体験などの様々な体験ができます。小動物公園や宿泊ロッジなども併設されており、楽しく農業を理解してもらうことを目指しています。

丘陵地帯で作られる勝央町の特産品

岡山県東北部にある美作台地、この丘陵地帯に完成した農地で勝央町は米作以外の農作物を盛んに作るようになりました。特に岡山県でも有数の梨の産地となっており、町ではハウスで梨を作ることで、初夏の時期に果汁のあふれる瑞々しい梨を集荷できるため、多くの人に喜ばれています。また、近年岡山県が力を入れているニューピオーネも、ハウス栽培で計画的につくることで、早期出荷を実現しています。岡山県を代表する白桃も温室栽培で普通栽培よりも糖度の高い甘いものを出荷しています。そして、「勝央の黒大豆は日本一」といわれるまでになった黒大豆は大人気の特産品で、秋に開かれる「マメ・まめ・黒豆フェスタ」では、黒大豆を目当てに県内外から訪れる人でにぎわいます。町で作られている様々なお米も特産品ですが、特に有機低農薬米「キヌヒカリ」は町を代表する推奨米です。

勝央町のふるさと納税の特典

勝央町では、町外在住でふるさと納税を5000円以上した方に、金額に応じて町の特産品を用意しています。ふるさと納税の寄付金額が五千円なら、町のマスコットキャラクター「きんとくん」の可愛いタオルなどがあります。ふるさと納納税の寄付金額が1万円以上2万円未満の場合は、町の特産品である黒大豆や黒大豆餅、黒大豆せんべいなどの特産品詰め合わせや勝央町産のお米4種の食べ比べセットなどがあります。ふるさと納税の寄付金額が2万円以上なら、黒大豆やアスパラ、ジャンボニンニク、栗などの季節の野菜の詰め合わせや皮ごと食べられる大粒で甘いルビー色の種なし葡萄「マスカットビオレ」、あたご梨などがあります。お正月に向けては、勝央町産お正月鏡餅セットも用意されています。季節限定のものもありますので、ふるさと納税の検索サイトや勝央町のHPで詳細を確かめてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう