鏡野町のふるさと納税は美しい自然の恵みを

岡山県鏡野町のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

鏡野町の見どころは四季折々の景色

鏡野町は岡山県の北部に位置し、中国山地を背景とし緑豊かな自然環境と観光資源に恵まれた町です。華やかなものはなにもないれど、四季折々の美しい自然の中で過ごす時間は、本当に贅沢です。鏡野町には、西日本屈指の紅葉が見られる「奥津渓」があり、真っ赤な紅葉の渓谷美は絶景です。春にはまぶしいほどの新緑を楽しむことができますし、初夏にかけては源氏ホタルが舞い、かじかがえるが美しい求愛の歌を奏でます。冬になると奥津湖の凍り付いた湖面には青みがかった白い氷の渦巻き模様の氷紋が現れることもあります。また、美肌効果があるといわれる奥津温泉があり、のんびり時を過ごすこともできます。このような環境ですから、川魚や農作物、はちみつなど清らかな土地でとれる美味しいものがたくさんあります。美しい風景をながめ、温泉に入り、美味しいものを食べる、そんな素敵な時間が過ごせるところです。

美しい自然環境ならではの鏡野町の特産品

岡山県の中でも北にあるため、寒暖の差があり水のきれいな自然豊かな鏡野町ですから、特産品にはこのようなものがあります。まずは、清らかな渓流にしか住めないという渓流の女王「アマゴ」です。味は淡白で塩焼きや甘露煮は本当においしいものです。また、綺麗な水と寒暖のある気候だからこそおいしい「葉わさび」、マイルドな味わいでサラダ感覚で食べられます。鏡野町産原木の原木しいたけは素朴な味わいで人気があり、姫とうがらしは風味がよく絶品の唐辛子です。この姫とうがらしを使用した醬油や味噌、ドレッシングもあります。また、美しい花が咲き、そこでミツバチが一生懸命集めた栄養素豊富なはちみつも有名です。その他、山の斜面を利用して栽培されているくまざさを使ったくまざさ茶があります。高い香りと深い味わいのお茶です。ほかにも、野菜や山菜、お花などが物産館で売られています。

鏡野町のふるさと納税の特典は?

鏡野町では、ふるさと納税を一万円以上した人に、金額に応じてお礼の品を用意しています。例えば、一万円から三万円のふるさと納税をした人は、アマゴの甘露煮と塩焼きのセット、こしひかり、山うどの煮つけ、とうがらし、あまごの甘露煮、葉わさびづけなどの鏡野の特産物がどっさり入った農産物加工品、はちみつを使った保存料着色料不使用のローヤルゼリードリンク、風味や食感がよい干ししいたけ、ドレッシングや佃煮の姫とうがらしセット、生姜番茶、野草茶などの健康茶セット、ピオーネや梨、町内産コシヒカリなどから選ぶことができます。ふるさと納税をして、山野の恵みを味わいたいという人にはぴったりです。変わったところでは、鏡野町産のす梅と鹿の肉を掛け合わせた缶詰があり、鏡野町にしかないジビエ料理です。興味を持った方は、岡山県のHPやふるさと納税の検索サイトで詳しくご覧になってください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう