鳥取県日吉津村の「ふるさと納税」で村を援助する

鳥取県日吉津村のふるさと納税の返礼品をご紹介いたします。

-AD-

鳥取県、日吉津村の特徴について

鳥取県日吉津村は鳥取県の西部に位置し、人口約3.500人の鳥取県で唯一の村です。日本の地方の村にしては珍しく、人口が増え続けています。背景には大手の製紙工場があるのと大型商業施設があり第二次と第三次産業の労働環境が整っていて自治体にも多額の税収があるため暮らしやすいと推測されます。四方には山はなく、西に日野川が流れ、地形が平坦であるため、米の他、チューリップの球根や白ネギ、大豆の栽培が盛んです。村内には鉄道はなく、バス路線が発達しています。村の恒例の行事となる、チューリップマラソンが毎年、日野川河川敷運動公園で開催されています。村内の施設には、公民館、図書館、健康増進機能を備えた「ヴィレステひえづ」という複合施設が村民の憩いの場となっています。

鳥取県日吉津村にふるさと納税をしよう

日吉津村は、村の発展のために「夢をはぐくむ村づくり寄付金」という形で「ふるさと納税」を募っています。寄付金の使い道は、海岸の環境美化、黒松の保全、海岸の景観づくり、地球温暖化対策などの環境保全事業、子育て支援、健康づくりの推進、高齢者や障碍者の支援などの地域福祉事業、教育振興事業、村おこし事業などに使われます。返礼品には、米、野菜、果物の詰め合わせや温泉施設の利用券、カニ、サーモン、干魚のセットなどがあります。大豆で豆腐を作ったり、果物や野菜でジャムを作りをしているので、ふるさと納税の返礼品の種類も年々増えていくようです。日本海も近くにあり、その地域とコラボした海産物や特産品も期待できます。あくまでも寄付金に対するお礼なので、支援する気持ちが大切です。

日吉津村のふるさと納税の効果

日吉津村では、年を追うごとに寄付金額が増えています。最初は年間で20万円くらいしかなかった寄付金が2015年には6.000万円を超すほど増加しています。これは、国民の人々の理解と援助により地域創世ができるわけで、ふるさと納税が国民に浸透してきている結果です。村に誘致されている企業も景気の低迷を受け、売上が思うように上がらないようですが、企業努力で頑張っています。中小企業も村で支援して補助金も出しています。村の人口は限られているため、自治体への住民税の税収も少なく、地域活性化には多大な費用がかかり、「夢はぐくむ村づくり」の財源は乏しい状態です。地域を担う子供の教育や環境整備が重要視されていて、鳥取県唯一の村の存続のためにも応援する価値はあるのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう