ふるぽにはクレカが欠かせない?ふるぽを賢く扱うコツとは

年末が近くなると誰もが考える節税ですが、ふるさと納税を活用して節税することは、もはや常識となりつつあります。そんな中、ふるさと納税には欠かせないサイトが存在します。それが「ふるぽ」や「さとふる」です。これらのサイトを賢く活用すればふるさと納税はよりお得でスムーズに扱うことができるのです。そこで今回は「ふるぽ」を賢く扱うコツについて紹介します!

-AD-

「ふるぽ」のポイントは即座に発行できる?

「ふるぽ」のポイントは全ての自治体で即時発行ができるわけではありません。自治体によっては銀行振込しか受け付けていない、もしくはクレジットカードは扱えるが、会社が限られているなど様々です。その為、「ふるぽ」を活用すれば、ポイントは即時発行できる場合もありますが、それが難しい場合もあります。

ポイントの即時発行にはクレジットカードが欠かせない

前述したように、ポイントが即時発行できるかどうかは、ふるさと納税で寄付する自治体により異なります。しかしながらクレジットカードを準備していなければ、即時発行に対応している自治体でも即時発行ができないという事態になりかねません。その為「ふるぽ」を活用してポイントを即時発行したい場合はできるだけクレジットカードを準備しておきましょう。

クレジットカードが無ければ振込対応で時間がかかる可能性が高い

「ふるぽ」を活用して、ふるさと納税としてポイント制を導入している自治体に寄付した場合、クレジットカードが無ければ、振込対応となる場合が少なくありません。その振込も指定口座に入金するだけならそこまで手間はかかりませんが、自治体によっては振込用紙を郵送してくるところもあります。そうなると、申し込みをしてから、振込対応までに3~4日、もしくはそれ以上の日数がかかる可能性があるのです。

「カタログの郵送」は不要を選択しよう

「ふるぽ」で即時ポイント発行をしたいのであれば、カタログ郵送は不要を選択しましょう。ポイント制の場合、ほとんどの自治体がお礼の品を選ぶ為のカタログを準備しています。しかしその内容はインターネットで開示されているものとほとんど変わりません。その為、カタログの郵送は不要を選択しておきましょう。そうすることで、郵送のタイムラグを待つ必要がなく、スムーズにお礼の品を選びやすくなるのです。

獲得したポイントは、マイページで管理できる

「ふるぽ」経由が獲得したポイントは、各自治体が用意している、マイページ内で確認できます。このマイページ閲覧の為には、情報を受け取れるメールアドレスが必要になります。その為、普段あまりネットを活用していない場合は、フリーのメールアドレスを事前に取得しておきましょう。

全ての自治体がポイントを即時発行できるわけではない

これは「ふるぽ」を活用する際の注意点でもあるのですが、全ての自治体がポイントを即時発行できるわけではありません。その為、できるだけ一度の操作でポイント獲得からお礼の品の申込まで対応したい場合は、ポイントを即時発行してくれる自治体を見極めて申し込みましょう。そしてその際は対応するクレジットカード会社についても確認しておきましょう。所有しているクレジットカードが対応していない場合があるからです。もし複数の会社のクレジットカードを所有している場合は、それは手元に準備して、申し込みしましょう。

ポイント発行する自治体は慎重に見極めよう

「ふるぽ」を活用してふるさと納税を寄付した自治体からポイントが付与されても、交換したいと思えるようなお礼の品がなければ意味がありませんよね。その為、ポイント交換する際は、その自治体がどのようなお礼の品を準備しているのか、ある程度はチェックしておきましょう。例えば沖縄料理が好きであれば、沖縄県内の自治体でポイント交換しておけば、欲しいお礼の品がある可能性は高いといえるでしょう。しかしこのポイント交換できる品のチェックが抜け落ちてしまうと、せっかくポイントを付与されても交換したいものが無い、という悲しい結果になりかねないのです。

「ふるぽ」を賢く扱うコツは即時発行、即時利用

「ふるぽ」を賢く扱うコツは、即時ポイント発行がある自治体を選び、そしてすぐにポイントを使いきってしまうことです。何故なら、ポイントでカタログから好きなタイミングでお礼の品が選べるとしても、人気があうお特なお礼の品は間違いなく、どんどん無くなっていきます。その為、ポイント付与されたタイミングが、最も沢山のお礼の品を選べる瞬間でもあるのです。「ふるぽ」をお得に、尚且つスムーズに活用したい場合はこの即時発行、即時利用を心がけておきましょう。

まとめ

ふるさと納税サイト「ふるぽ」を賢く扱うコツについて紹介しましたが、いかがでしたか。クレジットカードは「ふるぽ」をスマートに扱う際には欠かせません。複数の会社のクレジットカードがある場合は、それらを駆使してできるだけポイントは即時発行させましょう。そうすることで、人気のお礼の品を受け取れる可能性が高まるのです。

「ふるぽ」のポイントは即座に発行できる?

「ふるぽ」のポイントは全ての自治体で即時発行ができるわけではありません。自治体によっては銀行振込しか受け付けていない、もしくはクレジットカードは扱えるが、会社が限られているなど様々です。その為、「ふるぽ」を活用すれば、ポイントは即時発行できる場合もありますが、それが難しい場合もあります。

ポイントの即時発行にはクレジットカードが欠かせない

前述したように、ポイントが即時発行できるかどうかは、ふるさと納税で寄付する自治体により異なります。しかしながらクレジットカードを準備していなければ、即時発行に対応している自治体でも即時発行ができないという事態になりかねません。その為「ふるぽ」を活用してポイントを即時発行したい場合はできるだけクレジットカードを準備しておきましょう。

クレジットカードが無ければ振込対応で時間がかかる可能性が高い

「ふるぽ」を活用して、ふるさと納税としてポイント制を導入している自治体に寄付した場合、クレジットカードが無ければ、振込対応となる場合が少なくありません。その振込も指定口座に入金するだけならそこまで手間はかかりませんが、自治体によっては振込用紙を郵送してくるところもあります。そうなると、申し込みをしてから、振込対応までに3~4日、もしくはそれ以上の日数がかかる可能性があるのです。

「カタログの郵送」は不要を選択しよう

「ふるぽ」で即時ポイント発行をしたいのであれば、カタログ郵送は不要を選択しましょう。ポイント制の場合、ほとんどの自治体がお礼の品を選ぶ為のカタログを準備しています。しかしその内容はインターネットで開示されているものとほとんど変わりません。その為、カタログの郵送は不要を選択しておきましょう。そうすることで、郵送のタイムラグを待つ必要がなく、スムーズにお礼の品を選びやすくなるのです。

獲得したポイントは、マイページで管理できる

「ふるぽ」経由が獲得したポイントは、各自治体が用意している、マイページ内で確認できます。このマイページ閲覧の為には、情報を受け取れるメールアドレスが必要になります。その為、普段あまりネットを活用していない場合は、フリーのメールアドレスを事前に取得しておきましょう。

全ての自治体がポイントを即時発行できるわけではない

これは「ふるぽ」を活用する際の注意点でもあるのですが、全ての自治体がポイントを即時発行できるわけではありません。その為、できるだけ一度の操作でポイント獲得からお礼の品の申込まで対応したい場合は、ポイントを即時発行してくれる自治体を見極めて申し込みましょう。そしてその際は対応するクレジットカード会社についても確認しておきましょう。所有しているクレジットカードが対応していない場合があるからです。もし複数の会社のクレジットカードを所有している場合は、それは手元に準備して、申し込みしましょう。

ポイント発行する自治体は慎重に見極めよう

「ふるぽ」を活用してふるさと納税を寄付した自治体からポイントが付与されても、交換したいと思えるようなお礼の品がなければ意味がありませんよね。その為、ポイント交換する際は、その自治体がどのようなお礼の品を準備しているのか、ある程度はチェックしておきましょう。例えば沖縄料理が好きであれば、沖縄県内の自治体でポイント交換しておけば、欲しいお礼の品がある可能性は高いといえるでしょう。しかしこのポイント交換できる品のチェックが抜け落ちてしまうと、せっかくポイントを付与されても交換したいものが無い、という悲しい結果になりかねないのです。

「ふるぽ」を賢く扱うコツは即時発行、即時利用

「ふるぽ」を賢く扱うコツは、即時ポイント発行がある自治体を選び、そしてすぐにポイントを使いきってしまうことです。何故なら、ポイントでカタログから好きなタイミングでお礼の品が選べるとしても、人気があうお特なお礼の品は間違いなく、どんどん無くなっていきます。その為、ポイント付与されたタイミングが、最も沢山のお礼の品を選べる瞬間でもあるのです。「ふるぽ」をお得に、尚且つスムーズに活用したい場合はこの即時発行、即時利用を心がけておきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう