初心者が「ふるぽ」を活用する際に気をつけるべき注意点とは?

「ふるぽ」は「さとふる」等と同じふるさと納税サイトです。しかし「ふるぽ」はただのふるさと納税サイトではありません。ポイント制に特化したふるさと納税サイトなのです。その為、他のふるさと納税サイトを使う際とは異なる部分にも注意を向ける必要があるのです。今回は、ふるさと納税初心者が「ふるぽ」を活用する際に気をつけるべき注意点について紹介します!

-AD-

ふるさと納税で控除されるのは、あくまでも来年の税金

ふるさと納税の区切りは、1月1日からその年の12月の最終日迄です。その為、今年ふるさと納税を活用したいのであれば、3月末区切りで考えるのではなく、12月末日までに、ふるさと納税で寄付をして、必要な書類を送らなければいけません。しかし住民税が控除されるのは、あくまでも来年の分となります。寄付した時の税金が控除されるわけではないので、その点は注意しておきましょう。

返礼品を選びきれない際はポイント制を選択しよう

節税の為にふるさと納税を活用したい、だけで返礼品が選びきれない、という状況はふるさと納税初心者にはよく起きることです。そのような状況になった場合は、「ふるぽ」の活用を検討しましょう。なぜなら「ふるぽ」にはポイント制の自治体が集約されています。その為、「ふるぽ」内でひとまず返礼品の内容を気にせずに自治体だけ選んでしまえば、後からじっくりとお礼の品選びができるのです。

ポイントを返礼品とした場合、ポイントを使わなければお礼の品は受け取れない

但し、ポイントを返礼品とした場合、注意すべきことがあります。それはポイントの使い忘れです。当然ですが、ポイントを受け取るだけではお礼の品は受け取れません。ポイントを獲得した後に再度お礼の品を選び、そこからポイントを使う処理をする必要があるのです。これはクレジットカードのポイントについて考えれば分かることですが、クレジットカードはポイントが溜まったとしても、自分でそれを使う意思を表示して、その処理をしなければ使えないですよね。それと同じように、ふるさと納税のポイントも、自分で使う意思を示す必要があるのです。

ポイントには有効期限が存在する

先ほど「ふるぽ」は返礼品を選びきれない場合に利用価値があるとお伝えしましたが、お礼の品選びをいつまでも先延ばしにしてはいけません。何故なら、ふるさと納税で獲得したポイントには、有効期限が存在しているからです。その有効期限は自治体ごとで異なりますが、だいたいは1年間、長くても2年以内です。

迷っている間にポイントの有効期限が切れてしまう

ふるさと納税のポイントについて意識するのは、一年に一度くらいしかありません。その為、一度忘れてしまうと、そのまま一年くらい経過してしまうのは珍しいことではありません。そうなると、ポイントの有効期限が切れ、無駄になってしまう可能性がありますよね。このような事態を避ける為には、ポイントを獲得したら、いつまでもお礼の品選びを先延ばしするのではなく、ある程度時間ができたタイミングでポイントを使いきってしまうことが大切です。

ポイントは全自治体の共通しているわけではない

「ふるぽ」はポイント制の自治体ばかりを集めていますが、そのポイントは全自治体が共通しているわけではありません。例えば、A市の返礼品として20ポイントを付与されたのであれば、そのポイントはB市では使えないのです。またポイントの単位も自治体ごとで異なります。1ポイントで10,000円の価値相当がある、としているところもあれば、1,000ポイントで10,000円相当の価値としているところもあります。ポイントの価値も自治体ごとで異なるのです。その為、自治体選びをする際は、単純にポイントの数字の大きさだけでなく、1ポイントあたりの価値も考慮する必要があるのです。

お礼の品に迷った場合はお米や日用品が無難でおすすめ

前述したように、ポイントには有効期限がありますが、どうしても有効期限ギリギリまで返礼品が決められない場合もあるかもしれません。そうなった場合は、できるだけ無難な、お米や日用品などを選びましょう。生活必需品であれば、お礼の品で感動することは無かったとしても、少なくとも失敗とは感じにくいからです。

初心者が「ふるぽ」を活用する際の注意点とその対策

ふるさと納税初心者が「ふるぽ」を活用する際の注意点は、ポイントの使い忘れです。これをしてしまうと、ふるさと納税をする価値が半減してしまうので、注意しておきましょう。こういったミスをしない為に、対策としてできることは、ポイントが付与されたら、できるだけ数日以内にお礼の品を決めることです。

まとめ

ここまでふるさと納税初心者が「ふるぽ」を活用する際に気をつけるべき注意点について紹介しましたが、いかがでしたか。「ふるぽ」はポイント制の自治体が一気に確認できる便利なサイトですが、ポイントを使い忘れてしまったら意味がありません。「ふるぽ」を使う場合は、できるだけ早い段階でポイントを使うことを意識しておきましょう。

ふるさと納税で控除されるのは、あくまでも来年の税金

ふるさと納税の区切りは、1月1日からその年の12月の最終日迄です。その為、今年ふるさと納税を活用したいのであれば、3月末区切りで考えるのではなく、12月末日までに、ふるさと納税で寄付をして、必要な書類を送らなければいけません。しかし住民税が控除されるのは、あくまでも来年の分となります。寄付した時の税金が控除されるわけではないので、その点は注意しておきましょう。

返礼品を選びきれない際はポイント制を選択しよう

節税の為にふるさと納税を活用したい、だけで返礼品が選びきれない、という状況はふるさと納税初心者にはよく起きることです。そのような状況になった場合は、「ふるぽ」の活用を検討しましょう。なぜなら「ふるぽ」にはポイント制の自治体が集約されています。その為、「ふるぽ」内でひとまず返礼品の内容を気にせずに自治体だけ選んでしまえば、後からじっくりとお礼の品選びができるのです。

ポイントを返礼品とした場合、ポイントを使わなければお礼の品は受け取れない

但し、ポイントを返礼品とした場合、注意すべきことがあります。それはポイントの使い忘れです。当然ですが、ポイントを受け取るだけではお礼の品は受け取れません。ポイントを獲得した後に再度お礼の品を選び、そこからポイントを使う処理をする必要があるのです。これはクレジットカードのポイントについて考えれば分かることですが、クレジットカードはポイントが溜まったとしても、自分でそれを使う意思を表示して、その処理をしなければ使えないですよね。それと同じように、ふるさと納税のポイントも、自分で使う意思を示す必要があるのです。

ポイントには有効期限が存在する

先ほど「ふるぽ」は返礼品を選びきれない場合に利用価値があるとお伝えしましたが、お礼の品選びをいつまでも先延ばしにしてはいけません。何故なら、ふるさと納税で獲得したポイントには、有効期限が存在しているからです。その有効期限は自治体ごとで異なりますが、だいたいは1年間、長くても2年以内です。

迷っている間にポイントの有効期限が切れてしまう

ふるさと納税のポイントについて意識するのは、一年に一度くらいしかありません。その為、一度忘れてしまうと、そのまま一年くらい経過してしまうのは珍しいことではありません。そうなると、ポイントの有効期限が切れ、無駄になってしまう可能性がありますよね。このような事態を避ける為には、ポイントを獲得したら、いつまでもお礼の品選びを先延ばしするのではなく、ある程度時間ができたタイミングでポイントを使いきってしまうことが大切です。

ポイントは全自治体の共通しているわけではない

「ふるぽ」はポイント制の自治体ばかりを集めていますが、そのポイントは全自治体が共通しているわけではありません。例えば、A市の返礼品として20ポイントを付与されたのであれば、そのポイントはB市では使えないのです。またポイントの単位も自治体ごとで異なります。1ポイントで10,000円の価値相当がある、としているところもあれば、1,000ポイントで10,000円相当の価値としているところもあります。ポイントの価値も自治体ごとで異なるのです。その為、自治体選びをする際は、単純にポイントの数字の大きさだけでなく、1ポイントあたりの価値も考慮する必要があるのです。

お礼の品に迷った場合はお米や日用品が無難でおすすめ

前述したように、ポイントには有効期限がありますが、どうしても有効期限ギリギリまで返礼品が決められない場合もあるかもしれません。そうなった場合は、できるだけ無難な、お米や日用品などを選びましょう。生活必需品であれば、お礼の品で感動することは無かったとしても、少なくとも失敗とは感じにくいからです。

初心者が「ふるぽ」を活用する際の注意点とその対策

ふるさと納税初心者が「ふるぽ」を活用する際の注意点は、ポイントの使い忘れです。これをしてしまうと、ふるさと納税をする価値が半減してしまうので、注意しておきましょう。こういったミスをしない為に、対策としてできることは、ポイントが付与されたら、できるだけ数日以内にお礼の品を決めることです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう