ふるさと納税は難しい?初心者が失敗する理由とは

ふるさと納税は節税対策として人気の寄付方法ですが、誰もがそれを上手く活用しているわけではありません。人によってはふるさと納税で寄付をしてから、失敗したと後悔する場合もあるのです。ではふるさと納税で失敗する理由にはどのようなものがあるのでしょうか。今回はふるさと納税初心者の方の為に、ふるさと納税で失敗する理由について詳しく紹介します!

-AD-

ふるさと納税は自動的に住民税を控除してくれるわけではない

ふるさと納税は寄付をすることで、住民税を控除してもらえます。そのメリットがある為に多くの人がふるさと納税を活用するわけです。しかし初心者の人が勘違いしがちなことがあります。ふるさと納税をすれば勝手に住民税が控除され、所得税が変換されると思い込んでいる場合があるのです。ふるさと納税はただ寄付すれば、住民税が控除されるわけではありません。自分で必要な手続きをとる必要があるのです。

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を送り忘れる

ふるさと納税初心者の人がやりがちなのが、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を送り忘れることです。この給与所得者は「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を送るというシステムは2015年から始まったものですが、この制度変更を知らずに送っていなかった人は残念ながら住民税の控除が受けられなかったのです。それ以前は確定申告でも会社員でも必要でした。当然、確定申告を忘れていた人はふるさと納税でしっかりと寄付していても、住民税の控除が受けられなかったのです。

ふるさと納税は、寄付すれば終わりではない

ふるさと納税にこれから初めて活用する、という方は寄付すればそれで終わりと考えてはいけません。給与所得者は「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を送らなければなりません。また個人事業主であれば、確定申告を忘れたら台無しです。したがってこれからふるさと納税を初めて取り組む方は、確定申告に近い時期に寄付するなど、工夫をして対応を忘れないことが大切です。

返礼品が送られてくる時期を確認しよう

ふるさと納税に初めて取り組む方は、返礼品の選び方にも注意しなければなりません。稀にふるさと納税の返礼品を通販のように考えている人がいますが、ふるさと納税は通販ではありません。あくまで名目は寄付であり、返礼品はそのお返しの気持ちのようなものです。したがって通販のようにすぐに送られてくると考えるのはやめておきましょう。返礼品は種類により発送時期が決められているものがあります。返礼品を決める際は、そういった時期もしっかり確認しておきましょう。

特産品は食べきれなければ腐ってしまう

ふるさと納税をする際の注意点は、特産品の量です。一人暮らしの人が、50,000円の寄付をしたとしましょう。その程度であれば腐らせるほどの量の特産品は届かないかもしれませんが、生ものであれば注意が必要です。肉や魚が大量に届けば腐らせるリスクが高くなります。凍らせたとしても一人暮らしの冷凍庫であれば、中に入る量はそこまで多くはないですよね。その為、大量品の特産品が届いた際は、知り合いに配るもしくは御馳走として友人に振る舞うなどの対策をとりましょう。そうしなければせっかくの特産品を無駄にしてしまうリスクがあるのです。

寄付金が低く節税にならない

ふるさと納税はある一定以上の金額を納めなければ節税にはなりません。一般的にその金額は2,000円ですが所得によってその金額は異なるので、注意が必要です。しかしながらふるさと納税の初心者はこのことを認識していない場合が少なくありません。その為、低い金額の寄付をして、それで節税になると考えてしまう場合があるのです。ふるさと納税をする際はある一定以上の寄付金額が必要になることを認識しておきましょう。

ふるさと納税で後悔しない為に大切なこと

ここまで紹介したように、ふるさと納税は初心者にとっての落とし穴がいくつかあります。その為、ふるさと納税をする際に意識すべきことがあります。それはふるさと納税を、「寄付」の為にしているという気持ちを忘れないことです。返礼品は魅力的かもしれません。しかしそれ以上に地域を応援する心を持ちましょう。そうすれば多少不快になることが起きたとしても、後悔せずにふるさと納税できるのです。

ふるさと納税は寄付する心、応援する気持ちが欠かせない

細かいことは色々とありますが、ふるさと納税で「失敗した!」と感じない為には正しい心構えを持つことが大切です。それは「寄付する自治体を応援する気持ち」です。その気持ちがあれば、気持ちよくふるさと納税を活用できるのです。

まとめ

ここまでふるさと納税で初心者が失敗する理由について紹介しましたが、いかがでしたか。ふるさと納税をする際は、節税などの細かいことよりも寄付する心が大切です。ふるさと納税をする際は、その意味をもう一度見つめ直してみてはいかがでしょうか。

ふるさと納税は自動的に住民税を控除してくれるわけではない

ふるさと納税は寄付をすることで、住民税を控除してもらえます。そのメリットがある為に多くの人がふるさと納税を活用するわけです。しかし初心者の人が勘違いしがちなことがあります。ふるさと納税をすれば勝手に住民税が控除され、所得税が変換されると思い込んでいる場合があるのです。ふるさと納税はただ寄付すれば、住民税が控除されるわけではありません。自分で必要な手続きをとる必要があるのです。

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を送り忘れる

ふるさと納税初心者の人がやりがちなのが、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を送り忘れることです。この給与所得者は「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を送るというシステムは2015年から始まったものですが、この制度変更を知らずに送っていなかった人は残念ながら住民税の控除が受けられなかったのです。それ以前は確定申告でも会社員でも必要でした。当然、確定申告を忘れていた人はふるさと納税でしっかりと寄付していても、住民税の控除が受けられなかったのです。

ふるさと納税は、寄付すれば終わりではない

ふるさと納税にこれから初めて活用する、という方は寄付すればそれで終わりと考えてはいけません。給与所得者は「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を送らなければなりません。また個人事業主であれば、確定申告を忘れたら台無しです。したがってこれからふるさと納税を初めて取り組む方は、確定申告に近い時期に寄付するなど、工夫をして対応を忘れないことが大切です。

返礼品が送られてくる時期を確認しよう

ふるさと納税に初めて取り組む方は、返礼品の選び方にも注意しなければなりません。稀にふるさと納税の返礼品を通販のように考えている人がいますが、ふるさと納税は通販ではありません。あくまで名目は寄付であり、返礼品はそのお返しの気持ちのようなものです。したがって通販のようにすぐに送られてくると考えるのはやめておきましょう。返礼品は種類により発送時期が決められているものがあります。返礼品を決める際は、そういった時期もしっかり確認しておきましょう。

特産品は食べきれなければ腐ってしまう

ふるさと納税をする際の注意点は、特産品の量です。一人暮らしの人が、50,000円の寄付をしたとしましょう。その程度であれば腐らせるほどの量の特産品は届かないかもしれませんが、生ものであれば注意が必要です。肉や魚が大量に届けば腐らせるリスクが高くなります。凍らせたとしても一人暮らしの冷凍庫であれば、中に入る量はそこまで多くはないですよね。その為、大量品の特産品が届いた際は、知り合いに配るもしくは御馳走として友人に振る舞うなどの対策をとりましょう。そうしなければせっかくの特産品を無駄にしてしまうリスクがあるのです。

寄付金が低く節税にならない

ふるさと納税はある一定以上の金額を納めなければ節税にはなりません。一般的にその金額は2,000円ですが所得によってその金額は異なるので、注意が必要です。しかしながらふるさと納税の初心者はこのことを認識していない場合が少なくありません。その為、低い金額の寄付をして、それで節税になると考えてしまう場合があるのです。ふるさと納税をする際はある一定以上の寄付金額が必要になることを認識しておきましょう。

ふるさと納税で後悔しない為に大切なこと

ここまで紹介したように、ふるさと納税は初心者にとっての落とし穴がいくつかあります。その為、ふるさと納税をする際に意識すべきことがあります。それはふるさと納税を、「寄付」の為にしているという気持ちを忘れないことです。返礼品は魅力的かもしれません。しかしそれ以上に地域を応援する心を持ちましょう。そうすれば多少不快になることが起きたとしても、後悔せずにふるさと納税できるのです。

ふるさと納税は寄付する心、応援する気持ちが欠かせない

細かいことは色々とありますが、ふるさと納税で「失敗した!」と感じない為には正しい心構えを持つことが大切です。それは「寄付する自治体を応援する気持ち」です。その気持ちがあれば、気持ちよくふるさと納税を活用できるのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう