はじめての「ふるさと納税」が知りたい!

最近よく聞く「ふるさと納税」ですが、皆さん上手く活用していますか?新しい制度ということもあり、あまり知らないという方はもったいない!ふるさと納税を上手く活用して、ちょっと幸せな生活しませんか?
今回は、はじめてふるさと納税制度を活用する時に知りたい、そんな情報をお届けします。

-AD-

そもそも「ふるさと納税」ってどんな制度?

皆さん、自分が住んでいる市区町村に税金を納めていますよね。その一部を他の市区町村に寄附する…というのが「ふるさと納税」なんです。ふるさと納税では、自分の出身や昔住んでいたところ、など自分にゆかりのあるところだけではなく、全国の「ふるさと納税」制度を取り入れている好きな市区町村に寄附できます。

「ふるさと納税」のメリット1. お礼の品がもらえる

ふるさと納税をすると、お礼の品として、地域の特産品をもらえる市区町村があります。こういったところに寄附することで、日本全国の美味しい食べ物や工芸品を手に入れることができます。
各市区町村で、ふるさと納税の返礼品を一覧にしてサイトに行政のサイトに載せているところもあるので、是非気になる市区町村のサイトをチェックしてみましょう。寄附の金額によって様々なお礼の品のプランが用意されているので、予算と好みに合ったプランがきっと見つかることでしょう。

「ふるさと納税」のメリット2. 好きな市区町村を応援できる

ふるさと納税制度を活用して、自分の生まれ故郷や自分がお世話になった地域に寄附してみませんか?ふるさと納税のお金は各自治体で活用方法を決めており、地域の発展のために使われます。普段の納税では自分が今住んでいるところにしかお金を納められませんが、この制度を使うことで、ゆかりある地域が活気づくのはうれしいことですね。

「ふるさと納税」のメリット3. 税金が免除される

ふるさと納税で寄附したお金は、今年払った所得税から一部が戻ってきて、更に来年の住民税から控除される形になります。こちらの免除のためには確定申告が必要なのでお忘れなく。また、寄付金は、住民税の約2割が控除の上限なので注意しましょう。

ふるさと納税の特徴

ふるさと納税にはいくつかの特徴があります。ふるさと納税を始めるにあたってぜひ押さえておいてほしいポイントばかりなので、よく覚えておいて下さい。

ふるさと納税の特徴1. 寄附先を選べる

ふるさと納税制度での寄附先は、自分で自由に選ぶことがあります。自治体によって用意しているふるさと納税一口の金額やラインナップも様々ですので、自分にあったところ、応援したい、というところを選びましょう。

ふるさと納税の特徴2. 複数の自治体に寄附できる

ふるさと納税は一つのところを選ぶこともできますが、いくつもの自治体を選ぶこともできます。お世話になったところや返礼品が気になるところなど、いくつもの自治体に出す人も多いです。申請はそれぞれ自治体ごとに行うので、ばらばらな時期に寄附することもできます。

ふるさと納税の特徴3. 返礼品をもらえるところがある

ふるさと納税では、いくら寄附をしてくれたら何をあげます、というように「返礼品」制度を設けているところも多数あります。北は北海道から南は沖縄まで様々な地域の特産品があるので、どれにしようか迷ってしまいます。筆者もふるさと納税を活用して季節のフルーツなどをもらっていますが、返礼品が家に届くとき、いつもより、ちょっとプレミアな感じがして楽しくなります。

ふるさと納税の特徴4. 使い道を指定できる

ふるさと納税制度を取り入れている自治体の多くでは、ふるさと納税での寄附の使い道が選択できるようになっています。「青少年育成」「震災復興」「図書館の改修」等、様々な使い道から、自分がお金を使って欲しいと思うところを選ぶことができます。自分で自分の税金の使い道を決めることができる、というのがこの制度の魅力の一つです。

ふるさと納税をはじめるために

こんな魅力のあるふるさと納税制度を活用してみるために、どこからはじめればいいのでしょうか?ふるさと納税活用のためのはじめの一歩をご紹介します。

ふるさと納税ステップ1. 控除上限額を知る

まずは、自分の控除上限額を調べましょう。ふるさと納税は、税金の還付と控除を受けられるという特徴がありますが、控除上限額があります。まずは、自分の所得の場合いくらまで控除対象になるのか、計算しましょう。寄附先と寄附金額のプランを決める時に、こちらの金額に注意して考えます。

ふるさと納税ステップ2. 自治体を探して寄附

ふるさと納税で寄付する自治体を探します。まずは自分にゆかりのある地域から探しても、返礼品でほしいものから探してもいいですし、寄附の使い方からピンとくるものを選んでもいいでしょう。返礼品として多いのは特産品です。季節ものや数量限定のものもあるので、ぜひこまめにチェックするようにしましょう。

ふるさと納税ステップ3. 確定申告

税務署で寄付金の証明書を使って確定申告します。そうすることで、追って税金の還付と控除を受けることができます。どこに寄附したのかしっかり控えるようにしましょう。

おわりに

いかがだったでしょうか。「ふるさと納税」制度は上手く活用することで、どのようなメリットがあるのかお分かりいただけたことと思います。ふるさと納税は自分もうれしい、地域もうれしい制度なんです。自分のお世話になった地域に、使って欲しい使い道でお金を使ってもらうことができるでしょう。また、この制度を通じて今まで知らなかった地域の魅力を知り、日本全国に自分の「ふるさと」がきっとできることでしょう。更に上級として、ふるさと納税での返礼品をきっかけに、その地域に足を運んでみたりするのも楽しさが広がるでしょう。みなさん、ぜひ一度活用してみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!しよう