「ふるさとチョイス」と「運営者」について知ろう

「ふるさとチョイス」はテレビCMなどで名前だけはご存じの方も多いと思います。
ですが、実際に運営会社がどのような会社かまで知っている方は少ないと思いますのでこのページで詳しく説明いたします。

-AD-

「ふるさとチョイス」について

「ふるさとチョイス」は2012年9月にオープンしたふるさと納税総合サイトです。月間のPV数が1億を越え、現在多くの方に利用されているふるさと納税サイトです。ふるさとチョイスは主に「申し込み&クレジット決済」「災害時資金調達」「ガバメントクラウドファンディング」の3つの機能からなっています。
「申込み&クレジット決済」は契約自治体数が1112件、年間流通額が1250億円の大きな規模の決済です。
また、「ふるさとチョイス」では災害時などの緊急事態が発生した時に、即座に自治体へ寄附の受入れ窓口を作成できるための『災害時緊急寄附申込みフォーム』が提供されています。例え、契約のない自治体でもこのフォームを無料活用することが可能で、このフォームを利用することで、ふるさとチョイスのトップページと前ページの右上部に告知されて、そこから寄附を受け入れることが可能になるというシステムが採用された機能があります。「申込み&クレジット決済」を契約している自治体については、申込みだけでなくクレジット決済が可能になっています。「災害時資金調達」は緊急性の高い重要な課題の一つですので、「ふるさとチョイス」の「災害時資金調達」は重要な機能ですね。
また、「ふるさとチョイス」にはクラウドファンディング、ガバメントクラウドファンディングもオープンされています。ふるさと納税のお礼の品はあくまでもお礼のために提供され、還元率や利回りなどで決まるものではなく、そのような意味でガバメントクラウドファンディングでは、すべての寄附がふるさと納税の対象となります。自治体の課題解決に、意思を反映することができます。プロジェクトオーナーはすべて自治体です。寄付した自治体に頑張ってほしい、寄附を有効に使ってほしい、そんな気持ちで使い道に注目するということができるのが自治体の行うクラウドファンディングなのです。

「ふるさとチョイス」の「災害時資金調達」の例

「ふるさとチョイス」を活用して災害時資金調達が行われた事例がありました。2014年11月に長野県白馬村で震度5強の地震がありました。その時、家屋や建物の全壊や半壊が多数あったのです。この地震があった2日後に、「ふるさとチョイス」では『災害時緊急寄附申込みフォーム』の利用を開始したのです。心温まるメッセージも届きました。例えば、神戸や東北から、以前に助けてもらったので今度は自分たちが支援する番です、といった強い励ましのあるメッセージが送られました。そのようなメッセージが多く寄せられて、被災された方々にその想いを届けることができました。災害対策支援室の壁に地域ごとの代表的なメッセージが掲示され、利用開始から2か月間で1億4千万円の寄附を集めることができたのです。
このように、「ふるさとチョイス」では緊急時に災害時資金調達を行い、被災した方々を自治体を通して支援するための機能などを提供しています。

「ふるさとチョイス」の運営者について

「ふるさとチョイス」を企画運営するのは株式会社トラストバンクです。「ふるさとチョイス」の運営者である株式会社トラストバンクは、メディア事業として、ふるさと納税総合サイトの「ふるさとチョイス」を企画運営したり、全国の生産者や事業者を支援するサイト「たのもし」を企画運営したり、ふるさと探しお手伝いサイト「ローカル日和。」を企画運営したりしています。また、このほかにも教育事業として、ふるさと納税セミナーを開催し、職員向けや生産者・企業向け、一般の人々(寄附者)にむけたセミナーを全国で実施しています。そして、店舗事業としてふるさとチョイスCafé を運営したりしています。
「ふるさとチョイス」の運営者である株式会社トラストバンクは、2012年4月に設立された会社で、「ICTを通じて地域とシニアを元気するサービスを提供することをミッションに掲げています。地域を元気にするということの結果がふるさと納税だったのです。ふるさと納税が活性化することで地域にお金が流れます。そして、そのお礼の品でそこから物が流れて、お礼の品を宿泊や体験にするといったことで人が流れるのです。
設立当初の2012年当時、ふるさと納税については情報が足りず、手続きも煩雑だったので、現在ほどの普及はなかったのです。そこに注目したことから、2012年9月に日本全国の自治体のふるさと納税のお礼の品を掲載した「ふるさとチョイス」が誕生したのです。そのため、「ふるさとチョイス」では、全国1788自治体のふるさと納税の寄付へのお礼の品と使い道が掲載されています。
運営者である株式会社トラストバンクが、「ふるさとチョイス」を通じて行う事業は、自治体への資金調達や地域産業の振興、観光産業の振興や社会問題解決プロジェクト化サポートなどのように多岐に渡っているのです。

まとめ

「ふるさとチョイス」は2012年9月に開始したふるさと納税総合サイトです。月間のPV数が1億を越え、現在とても多くの方に利用されているふるさと納税サイトです。ふるさとチョイスは主に「申し込み&クレジット決済」「災害時資金調達」「ガバメントクラウドファンディング」の3機能から構成されています。
「ふるさとチョイス」を企画運営するのは株式会社トラストバンクです。「ふるさとチョイス」の運営者である株式会社トラストバンクは、メディア事業、教育事業、店舗事業などに取り組む、多岐にわたる企画を運営している会社です。

「ふるさとチョイス」について

「ふるさとチョイス」は2012年9月にオープンしたふるさと納税総合サイトです。月間のPV数が1億を越え、現在多くの方に利用されているふるさと納税サイトです。ふるさとチョイスは主に「申し込み&クレジット決済」「災害時資金調達」「ガバメントクラウドファンディング」の3つの機能からなっています。
「申込み&クレジット決済」は契約自治体数が1112件、年間流通額が1250億円の大きな規模の決済です。
また、「ふるさとチョイス」では災害時などの緊急事態が発生した時に、即座に自治体へ寄附の受入れ窓口を作成できるための『災害時緊急寄附申込みフォーム』が提供されています。例え、契約のない自治体でもこのフォームを無料活用することが可能で、このフォームを利用することで、ふるさとチョイスのトップページと前ページの右上部に告知されて、そこから寄附を受け入れることが可能になるというシステムが採用された機能があります。「申込み&クレジット決済」を契約している自治体については、申込みだけでなくクレジット決済が可能になっています。「災害時資金調達」は緊急性の高い重要な課題の一つですので、「ふるさとチョイス」の「災害時資金調達」は重要な機能ですね。
また、「ふるさとチョイス」にはクラウドファンディング、ガバメントクラウドファンディングもオープンされています。ふるさと納税のお礼の品はあくまでもお礼のために提供され、還元率や利回りなどで決まるものではなく、そのような意味でガバメントクラウドファンディングでは、すべての寄附がふるさと納税の対象となります。自治体の課題解決に、意思を反映することができます。プロジェクトオーナーはすべて自治体です。寄付した自治体に頑張ってほしい、寄附を有効に使ってほしい、そんな気持ちで使い道に注目するということができるのが自治体の行うクラウドファンディングなのです。

「ふるさとチョイス」の「災害時資金調達」の例

「ふるさとチョイス」を活用して災害時資金調達が行われた事例がありました。2014年11月に長野県白馬村で震度5強の地震がありました。その時、家屋や建物の全壊や半壊が多数あったのです。この地震があった2日後に、「ふるさとチョイス」では『災害時緊急寄附申込みフォーム』の利用を開始したのです。心温まるメッセージも届きました。例えば、神戸や東北から、以前に助けてもらったので今度は自分たちが支援する番です、といった強い励ましのあるメッセージが送られました。そのようなメッセージが多く寄せられて、被災された方々にその想いを届けることができました。災害対策支援室の壁に地域ごとの代表的なメッセージが掲示され、利用開始から2か月間で1億4千万円の寄附を集めることができたのです。
このように、「ふるさとチョイス」では緊急時に災害時資金調達を行い、被災した方々を自治体を通して支援するための機能などを提供しています。

「ふるさとチョイス」の運営者について

「ふるさとチョイス」を企画運営するのは株式会社トラストバンクです。「ふるさとチョイス」の運営者である株式会社トラストバンクは、メディア事業として、ふるさと納税総合サイトの「ふるさとチョイス」を企画運営したり、全国の生産者や事業者を支援するサイト「たのもし」を企画運営したり、ふるさと探しお手伝いサイト「ローカル日和。」を企画運営したりしています。また、このほかにも教育事業として、ふるさと納税セミナーを開催し、職員向けや生産者・企業向け、一般の人々(寄附者)にむけたセミナーを全国で実施しています。そして、店舗事業としてふるさとチョイスCafé を運営したりしています。
「ふるさとチョイス」の運営者である株式会社トラストバンクは、2012年4月に設立された会社で、「ICTを通じて地域とシニアを元気するサービスを提供することをミッションに掲げています。地域を元気にするということの結果がふるさと納税だったのです。ふるさと納税が活性化することで地域にお金が流れます。そして、そのお礼の品でそこから物が流れて、お礼の品を宿泊や体験にするといったことで人が流れるのです。
設立当初の2012年当時、ふるさと納税については情報が足りず、手続きも煩雑だったので、現在ほどの普及はなかったのです。そこに注目したことから、2012年9月に日本全国の自治体のふるさと納税のお礼の品を掲載した「ふるさとチョイス」が誕生したのです。そのため、「ふるさとチョイス」では、全国1788自治体のふるさと納税の寄付へのお礼の品と使い道が掲載されています。
運営者である株式会社トラストバンクが、「ふるさとチョイス」を通じて行う事業は、自治体への資金調達や地域産業の振興、観光産業の振興や社会問題解決プロジェクト化サポートなどのように多岐に渡っているのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう