ふるさと納税サイト「さとふる」を活用すべき8つの理由

2015年度の制度の見直し以降、ふるさと納税に取り組むメリットは大きくなっています。しかし申し込み手順や控除の申請方法など、事務処理の手間などからふるさと納税に踏み出せない方も少なくないのではないでしょうか。「さとふる」を使えば、ふるさと納税は断然にはじめやすくなります。今回は「さとふる」の魅力と活用すべき理由について、8つのトピックで紹介します!

-AD-

返礼品選びにかかる時間が短縮できる

「さとふる」を活用すれば、ふるさと納税の要である、返礼品選びが圧倒的にスムーズになります。なぜなら「さとふる」は最新の返礼品が常に反映され、そしてさらにその返礼品がカテゴリ分けされているからです。自治体から返礼品を探したい場合も、食材の種類から返礼品を探したい場合も、それが見つけやすくなっているのです。

寄付した情報が簡単に管理できる

ふるさと納税を始めると、いくつかの自治体に寄付することが当たり前になります。例えば単身世帯で、年収が300万円程度であれば、28,000円が税金控除額の限度となる為、寄付金の予算は30,000円とすれば最も節税効果が高くなります。この場合は、A,Bの自治体に5,000円を寄付。Cの自治体に20,000円寄付、という振り分けた寄付も可能です。そうすれば三つの自治体からそれぞれ返礼品が受け取れるわけですが、こうなってくると寄付情報の管理が煩雑になりがちです。しかし「さとふる」なら寄付した情報がマイページから簡単に確認できるのです。

ランキングで人気がある返礼品を即時に確認できる

「さとふる」ではカテゴリごとのランキングが掲載されています。その為、人気がある返礼品が一目で分かるようになっているのです。ランキングの上位にある返礼品はそのほとんどが費用対効果の高いものです。返礼品選びで迷った際に、「さとふる」ならランキングから返礼品を選ぶこともできます。

個々の自治体に申し込む必要がない

複数の自治体に寄付する場合、その窓口を自治体ごとにすると、申し込み方法が異なる場合が少なくありません。そうなると、複数の自治体に寄付を申し込むだけでも一苦労ですよね。しかし「さとふる」であればそういった面倒な対応をする必要がありません。複数の自治体に寄付する場合でも「さとふる」から申し込み手続きをすれば、あとは入金処理をするだけで手続きを完結できるのです。

「さとふる」独自のキャンペーンに当選する可能性がある

「さとふる」は、独自のキャンペーンを頻繁に開催しています。しかもそれは寄付する、もしくは無料の会員登録をするだけでエントリーできるような簡単なものがほとんどです。その為、運が良ければ返礼品を受け取れるだけでなく、「さとふる」からの特典が抽選で当たる可能性もあるのです。

ユーザビリティが考えられていて、とにかくサイトが使いやすい

「さとふる」の魅力はウェブサイトの使いやすいさにもあります。「さとふる」はユーザビリティがしっかりと考えられているので、操作が簡単です。その為、普段ネットをあまり活用していない人でも、安心して「さとふる」を利用することができるのです。

運営母体が大手通信グループの企業なので安心できる

ふるさと納税を申し込む際は、どうしても個人情報の入力が必要になります。そうなった場合、運営母体が気になりますよね。「さとふる」は運営母体が大手通信会社のグループ企業なので安心して利用できます。

確定申告の方法まで丁寧に解説されている!

「さとふる」では、ふるさと納税の仕組みや、確定申告の方法まで、ふるさと納税を活用する際に、知っておくべき情報も分かりやすく掲載されています。この情報をしっかりと調べながら取り組めば、初めてのふるさと納税でも安心です。さらにQ&Aまで用意されているので数あるふるさと納税サイトの中でも「さとふる」は使いやすいといえるです。

まとめ

ふるさと納税サイト「さとふる」を活用すべき8つの理由について紹介しましたが、いかがでしたか。ふるさと納税に初めて取り組む際は、誰もが不安を感じるものです。「さとふる」はそういった不安も上手く解消しながら使えるようにデザインされています。やはり新しいことを始める際は、何かマニュアル代わりになるものが欲しいですよね。「さとふる」はただ単純にふるさと納税への申し込みをスムーズにするだけでなく、マニュアル的な役割も備えているのです。ふるさと納税は自治体ごとに直接申し込みをすると、どうしても事務手続きが煩雑になりがちです。これからふるさとの納税をはじめる際は「さとふる」等のふるさと納税サイトの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

返礼品選びにかかる時間が短縮できる

「さとふる」を活用すれば、ふるさと納税の要である、返礼品選びが圧倒的にスムーズになります。なぜなら「さとふる」は最新の返礼品が常に反映され、そしてさらにその返礼品がカテゴリ分けされているからです。自治体から返礼品を探したい場合も、食材の種類から返礼品を探したい場合も、それが見つけやすくなっているのです。

寄付した情報が簡単に管理できる

ふるさと納税を始めると、いくつかの自治体に寄付することが当たり前になります。例えば単身世帯で、年収が300万円程度であれば、28,000円が税金控除額の限度となる為、寄付金の予算は30,000円とすれば最も節税効果が高くなります。この場合は、A,Bの自治体に5,000円を寄付。Cの自治体に20,000円寄付、という振り分けた寄付も可能です。そうすれば三つの自治体からそれぞれ返礼品が受け取れるわけですが、こうなってくると寄付情報の管理が煩雑になりがちです。しかし「さとふる」なら寄付した情報がマイページから簡単に確認できるのです。

ランキングで人気がある返礼品を即時に確認できる

「さとふる」ではカテゴリごとのランキングが掲載されています。その為、人気がある返礼品が一目で分かるようになっているのです。ランキングの上位にある返礼品はそのほとんどが費用対効果の高いものです。返礼品選びで迷った際に、「さとふる」ならランキングから返礼品を選ぶこともできます。

個々の自治体に申し込む必要がない

複数の自治体に寄付する場合、その窓口を自治体ごとにすると、申し込み方法が異なる場合が少なくありません。そうなると、複数の自治体に寄付を申し込むだけでも一苦労ですよね。しかし「さとふる」であればそういった面倒な対応をする必要がありません。複数の自治体に寄付する場合でも「さとふる」から申し込み手続きをすれば、あとは入金処理をするだけで手続きを完結できるのです。

「さとふる」独自のキャンペーンに当選する可能性がある

「さとふる」は、独自のキャンペーンを頻繁に開催しています。しかもそれは寄付する、もしくは無料の会員登録をするだけでエントリーできるような簡単なものがほとんどです。その為、運が良ければ返礼品を受け取れるだけでなく、「さとふる」からの特典が抽選で当たる可能性もあるのです。

ユーザビリティが考えられていて、とにかくサイトが使いやすい

「さとふる」の魅力はウェブサイトの使いやすいさにもあります。「さとふる」はユーザビリティがしっかりと考えられているので、操作が簡単です。その為、普段ネットをあまり活用していない人でも、安心して「さとふる」を利用することができるのです。

運営母体が大手通信グループの企業なので安心できる

ふるさと納税を申し込む際は、どうしても個人情報の入力が必要になります。そうなった場合、運営母体が気になりますよね。「さとふる」は運営母体が大手通信会社のグループ企業なので安心して利用できます。

確定申告の方法まで丁寧に解説されている!

「さとふる」では、ふるさと納税の仕組みや、確定申告の方法まで、ふるさと納税を活用する際に、知っておくべき情報も分かりやすく掲載されています。この情報をしっかりと調べながら取り組めば、初めてのふるさと納税でも安心です。さらにQ&Aまで用意されているので数あるふるさと納税サイトの中でも「さとふる」は使いやすいといえるです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう