簡単にふるさと納税が出来るサイト「さとふる」の使い方

「さとふる」とは何か?や、ふるさと納税の仕組み、
実際に「さとふる」を使って納税する方法から確定申告についてなどを解説しています。

-AD-

はじめに…「さとふる」って何?

ふるさと納税について興味はあっても、なんとなくハードルが高そうなイメージを持っている方も多いと思います。そもそも納税は「めんどくさい」「難しい」というイメージが付き物なので、さらに複雑にしたくないと思ってしまうのも仕方がありません。
ふるさと納税サイト「さとふる」は、そんな方にも簡単な手続きで申し込みができる、ふるさと納税推進サイトなのです。

ふるさと納税のいいところ

では、「さとふる」がふるさと納税を推進する理由はなんでしょうか。

まずふるさと納税には、納税者にもメリットがあります。ふるさと納税を行った納税者は、納税先の地域によって異なる、様々なお礼品をもらうことができます。お礼品は地域の特色を生かしたものが多く、納税者は自分が好きな地域を納税先に選ぶことができます。つまり、納税先は自分の出身地である必要はないのです。
納税には「給料が引かれる」というネガティブなイメージが付きまといがちですが、ふるさと納税は自分で納税先を選び、好きなものをもらう楽しさを感じられます。これにより納税に対してポジティブな気持ちを持つことができるでしょう。

また、納税先の地域にとってもふるさと納税は当然メリットがあります。
日本は東京一極集中と言われているように、人口が極端に東京に集まっています。当然、納税先も東京に集中するため、地方の自治体は財源不足に悩まされています。しかしそんな地方にも、魅力的な特産物がある地域も沢山あります。ふるさと納税をすることで、そういった地方の活性化にも繋がるのです。

このようにふるさと納税は、納税者、納税先、どちらにとってもメリットがあるため、「さとふる」はふるさと納税を推進しています。

「さとふる」で簡単にふるさと納税するには

では実際にどのようにすれば「さとふる」でふるさと納税ができるのかを見ていきましょう。

まずは納税先の地域を選びます。「さとふる」では、納税先を「地域から探す」方法と、「お礼の品から探す」方法があります。

まず地域から探す方法ですが、「さとふる」サイト内の「地域から探す」ページに飛ぶと北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州といった大まかな地域を選ぶことができ、そこからさらに県名や市区町村の名前と共にお礼の品の画像がいくつも表示されます。具体的に納税先の候補が絞れている場合はこの方法で探すと、自分が納税したいと考えている地域が見つかるのと一緒に、近くの地域がどんなお礼の品を用意しているか見ることもできます。納税先の地域は複数選べるため、他にもいい地域を見つけたら、そちらも候補に入れるのもアリです。

次は「お礼の品から探す」のページに飛んでみると、肉、魚介類、米、野菜といったお礼の品の種類をまず選択できます。食べ物以外にも旅行券や雑貨といった様々なカテゴリーがあるため、色々と見て回るのも面白いです。どれかを選ぶと、具体的なお礼の品と地域の名前が羅列されます。ここで便利なのが、寄付金額が多い順や少ない順で表示順をソートしたり、何円~何円といった範囲から表示される品を絞り込んだりすることができるところです。寄付金額によってもらえるお礼の品は異なるため、自分の納税額に合ったお礼の品を探すことができます。

ネットショッピング感覚で納税できる

もらうお礼の品を決めたらカートに入れることができます。自分のカートを確認すると、カートのページから寄付の手続きに進めます。これはさながらネットショッピングのサイトを利用する感覚と言えるでしょう。

そのあとは、会員登録をし、発送先の住所や支払い方法を決定します。申し込みが完了すると寄付金の使い道を選ぶことができます。
申し込み後はお礼の品が届くのを待ちましょう。まさにネットで商品を買ったときと同じ感覚です。こんな風に楽しく納税が出来るというのは、「さとふる」の斬新なところですね。

確定申告は必要?

ふるさと納税を申し込んだ後、寄付証明書が寄付をした自治体から交付されます。ふるさと納税をしたことで、その年の所得税から税金が還付され、翌年度の個人住民税から控除されるためには、寄付証明書を使って確定申告をする必要があります。

しかし、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まり、普段確定申告をしないサラリーマンは、納税先の自治体が5つ以内の場合、確定申告が不要になりました。
また、「さとふる」のサイト内で簡単に確定申告書が作成できるサービスが開始される予定があり、ますますふるさと納税が簡単にできるようになりそうです。

まとめ…「さとふる」でふるさと納税するのは本当に簡単だった

「さとふる」を使ってみて感じるのは、納税に付随する堅苦しいイメージがなく、ネットショッピング感覚で利用できるということでした。例えば自分の控除上限額が分からない人でも、サイト内でシミュレーションを行うことができ、納税初心者にも優しい作りになっています。ふるさと納税に興味がある方は、まず「さとふる」にアクセスしてみるのがおすすめです。

はじめに…「さとふる」って何?

ふるさと納税について興味はあっても、なんとなくハードルが高そうなイメージを持っている方も多いと思います。そもそも納税は「めんどくさい」「難しい」というイメージが付き物なので、さらに複雑にしたくないと思ってしまうのも仕方がありません。
ふるさと納税サイト「さとふる」は、そんな方にも簡単な手続きで申し込みができる、ふるさと納税推進サイトなのです。

ふるさと納税のいいところ

では、「さとふる」がふるさと納税を推進する理由はなんでしょうか。

まずふるさと納税には、納税者にもメリットがあります。ふるさと納税を行った納税者は、納税先の地域によって異なる、様々なお礼品をもらうことができます。お礼品は地域の特色を生かしたものが多く、納税者は自分が好きな地域を納税先に選ぶことができます。つまり、納税先は自分の出身地である必要はないのです。
納税には「給料が引かれる」というネガティブなイメージが付きまといがちですが、ふるさと納税は自分で納税先を選び、好きなものをもらう楽しさを感じられます。これにより納税に対してポジティブな気持ちを持つことができるでしょう。

また、納税先の地域にとってもふるさと納税は当然メリットがあります。
日本は東京一極集中と言われているように、人口が極端に東京に集まっています。当然、納税先も東京に集中するため、地方の自治体は財源不足に悩まされています。しかしそんな地方にも、魅力的な特産物がある地域も沢山あります。ふるさと納税をすることで、そういった地方の活性化にも繋がるのです。

このようにふるさと納税は、納税者、納税先、どちらにとってもメリットがあるため、「さとふる」はふるさと納税を推進しています。

「さとふる」で簡単にふるさと納税するには

では実際にどのようにすれば「さとふる」でふるさと納税ができるのかを見ていきましょう。

まずは納税先の地域を選びます。「さとふる」では、納税先を「地域から探す」方法と、「お礼の品から探す」方法があります。

まず地域から探す方法ですが、「さとふる」サイト内の「地域から探す」ページに飛ぶと北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州といった大まかな地域を選ぶことができ、そこからさらに県名や市区町村の名前と共にお礼の品の画像がいくつも表示されます。具体的に納税先の候補が絞れている場合はこの方法で探すと、自分が納税したいと考えている地域が見つかるのと一緒に、近くの地域がどんなお礼の品を用意しているか見ることもできます。納税先の地域は複数選べるため、他にもいい地域を見つけたら、そちらも候補に入れるのもアリです。

次は「お礼の品から探す」のページに飛んでみると、肉、魚介類、米、野菜といったお礼の品の種類をまず選択できます。食べ物以外にも旅行券や雑貨といった様々なカテゴリーがあるため、色々と見て回るのも面白いです。どれかを選ぶと、具体的なお礼の品と地域の名前が羅列されます。ここで便利なのが、寄付金額が多い順や少ない順で表示順をソートしたり、何円~何円といった範囲から表示される品を絞り込んだりすることができるところです。寄付金額によってもらえるお礼の品は異なるため、自分の納税額に合ったお礼の品を探すことができます。

ネットショッピング感覚で納税できる

もらうお礼の品を決めたらカートに入れることができます。自分のカートを確認すると、カートのページから寄付の手続きに進めます。これはさながらネットショッピングのサイトを利用する感覚と言えるでしょう。

そのあとは、会員登録をし、発送先の住所や支払い方法を決定します。申し込みが完了すると寄付金の使い道を選ぶことができます。
申し込み後はお礼の品が届くのを待ちましょう。まさにネットで商品を買ったときと同じ感覚です。こんな風に楽しく納税が出来るというのは、「さとふる」の斬新なところですね。

確定申告は必要?

ふるさと納税を申し込んだ後、寄付証明書が寄付をした自治体から交付されます。ふるさと納税をしたことで、その年の所得税から税金が還付され、翌年度の個人住民税から控除されるためには、寄付証明書を使って確定申告をする必要があります。

しかし、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まり、普段確定申告をしないサラリーマンは、納税先の自治体が5つ以内の場合、確定申告が不要になりました。
また、「さとふる」のサイト内で簡単に確定申告書が作成できるサービスが開始される予定があり、ますますふるさと納税が簡単にできるようになりそうです。

まとめ…「さとふる」でふるさと納税するのは本当に簡単だった

「さとふる」を使ってみて感じるのは、納税に付随する堅苦しいイメージがなく、ネットショッピング感覚で利用できるということでした。例えば自分の控除上限額が分からない人でも、サイト内でシミュレーションを行うことができ、納税初心者にも優しい作りになっています。ふるさと納税に興味がある方は、まず「さとふる」にアクセスしてみるのがおすすめです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう