節税するなら寄付しよう!ふるさと納税をおすすめする6つの理由

年末が近づいてくると事業者の誰もが考えることがあります。それは節税です。節税が必要なのは事業者だけではなく、会社員でも主婦でも副業で利益が出ていたらしっかりと納税はしなければいけません。実はふるさと納税は、返礼品を受け取れるだけでなく、節税にも役立ちます。そこで今回は、ふるさと納税をおすすめする理由について詳しく紹介します!

-AD-

ふるさと納税をおすすめする6つの理由

税金は基本的に国や自治体から徴収されるものです。しかしながらこの認識は変えられる可能性があります。それがふるさと納税の魅力でもあるのです。ふるさと納税は、自発的に地域を選び寄付することで、その寄付金のほとんどが控除される、というものです。例えば年収が1億円以上あれば、控除額の最大は400万円程度です。つまりこれは、ただ何もなく税金として支払う予定だった400万円分が、400万円分の特産品に変わるということでもあります。したがって収入が多い人程、活用する価値があるのです。ではここから、そんな魅力的なふるさと納税をおすすめする理由を、以下に紹介します。

1.時間が無い人でも社会貢献できる

ふるさと納税をおすすめする理由の一つ目は、手軽に社会貢献ができるところです。忙しく社会人として働いていると、どうしてもボランティアなどの社会貢献に参加する時間を捻出するのは難しくなりがちです。しかしふるさと納税であれば、寄付というシンプルなスタイルで社会貢献が可能です。

2.応援したい地域を選んで寄付ができる

ふるさと納税は日本国内で、寄付を受け付けている地域であればどこへでも可能です。出身地ではなかったとしても、縁もゆかりもなかったとしても、関係はありません。したがって主体的に寄付ができます。このような制度が自由なところも、ふるさと納税をおすすめするポイントの一つです。

3.返礼品で旅行ができる!

ふるさと納税の返礼品は地域の特産品だけではありません。人気宿泊施設のスイートルームや、ツアーが返礼品として受け取れる場合があります。これを賢く活用するなら、旅行したい地域の返礼品を調べ、宿泊チケットを獲得することもできます。

4.2000円以上の寄付で、住民税が控除される

ふるさと納税の寄付金額は、高額である必要がありません。2000円以上寄付すれば、その金額がそのまま翌年の住民税控除となるのです。年収が300万円程度の場合でも、その金額の上限は数万円なので、返礼品を受け取れることも考えれば、かなり得ですよね。このように「誰でも活用できる」というポイントもおすすめできる理由です。

5.確定申告すれば還付金が戻ってくる可能性がある

ふるさと納税の節税メリットは住民税だけではありません。還付に関して必ず実施されるわけえはありませんが、年間で納めてきた税金と、寄付金額を鑑みて納税金額が多かった場合は、確定申告で還付金が受け取れる可能性が高くなります。

6.健康的な食生活が過ごせるようになる

ふるさと納税による寄付を必要としている地域の多くは、過疎や高齢化問題を抱えています。そういったエリアは人的リソースが少ないかもしれませんが、豊かな自然が残っているので、健康的な食材を提供している場合が多いのです。

まとめ

ここまでふるさと納税をおすすめする6つの理由について紹介しましたが、いかがでしたか。ふるさと納税は社会貢献意欲も満たされる、社会的に意義がある行為の一つです。節税を考える際には、その活用を検討してみてはいかがでしょうか。

ふるさと納税をおすすめする6つの理由

税金は基本的に国や自治体から徴収されるものです。しかしながらこの認識は変えられる可能性があります。それがふるさと納税の魅力でもあるのです。ふるさと納税は、自発的に地域を選び寄付することで、その寄付金のほとんどが控除される、というものです。例えば年収が1億円以上あれば、控除額の最大は400万円程度です。つまりこれは、ただ何もなく税金として支払う予定だった400万円分が、400万円分の特産品に変わるということでもあります。したがって収入が多い人程、活用する価値があるのです。ではここから、そんな魅力的なふるさと納税をおすすめする理由を、以下に紹介します。

1.時間が無い人でも社会貢献できる

ふるさと納税をおすすめする理由の一つ目は、手軽に社会貢献ができるところです。忙しく社会人として働いていると、どうしてもボランティアなどの社会貢献に参加する時間を捻出するのは難しくなりがちです。しかしふるさと納税であれば、寄付というシンプルなスタイルで社会貢献が可能です。

2.応援したい地域を選んで寄付ができる

ふるさと納税は日本国内で、寄付を受け付けている地域であればどこへでも可能です。出身地ではなかったとしても、縁もゆかりもなかったとしても、関係はありません。したがって主体的に寄付ができます。このような制度が自由なところも、ふるさと納税をおすすめするポイントの一つです。

3.返礼品で旅行ができる!

ふるさと納税の返礼品は地域の特産品だけではありません。人気宿泊施設のスイートルームや、ツアーが返礼品として受け取れる場合があります。これを賢く活用するなら、旅行したい地域の返礼品を調べ、宿泊チケットを獲得することもできます。

4.2000円以上の寄付で、住民税が控除される

ふるさと納税の寄付金額は、高額である必要がありません。2000円以上寄付すれば、その金額がそのまま翌年の住民税控除となるのです。年収が300万円程度の場合でも、その金額の上限は数万円なので、返礼品を受け取れることも考えれば、かなり得ですよね。このように「誰でも活用できる」というポイントもおすすめできる理由です。

5.確定申告すれば還付金が戻ってくる可能性がある

ふるさと納税の節税メリットは住民税だけではありません。還付に関して必ず実施されるわけえはありませんが、年間で納めてきた税金と、寄付金額を鑑みて納税金額が多かった場合は、確定申告で還付金が受け取れる可能性が高くなります。

6.健康的な食生活が過ごせるようになる

ふるさと納税による寄付を必要としている地域の多くは、過疎や高齢化問題を抱えています。そういったエリアは人的リソースが少ないかもしれませんが、豊かな自然が残っているので、健康的な食材を提供している場合が多いのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう